2012年11月10日土曜日

121007_乳頭山

DSC03660
どこか楽しそうな場所はないかとヤマレコを眺めていると、東北の山は紅葉が見頃のようです。

以前から気になっていた秋田駒ヶ岳のムーミン谷へ行ってみようと思い地図をみてみると、、、
写真
北東に伸びる尾根が目につきます。等高線がやたらとなだらか。しかも、行き着く先には乳頭温泉郷

コースタイムも五時間半とちょうど良い感じ。
湯治場の風情を残す孫六温泉を予約し、秋の日帰りハイキングに出発です。

秋田新幹線で田沢湖駅へ。そこからバスで標高1300mの八合目小屋まで移動。
天気はイマイチですが、観たことの無い景色のなかを歩き始めます。まずは正面に見える笹森山へ。
DSC03593
DSC03598
DSC03607
笹森山から湯森山へ。左手にはこのあと歩く笊森山、乳頭山がみえます。

湯森山頂上で一休み。嫁の向こうに見えるのは秋田駒ヶ岳。なかなかカッチョ良い山容です。
DSC03610
今回は日帰りですが、カメラの取り回しを楽にしたかったので改造?したSix Moon Designs / swift packでいってきました。
大容量のウエストポケットがあるので、サコッシュもウエストポーチも使用せず。サイドのバンジーコードを引っ張れば荷物が少なくても様になります。

座布団兼、背面パッド用で四つ折り分にカットしたZ Liteをパック内に仕込んでフレームの代わりにしているのですが、荷物が少ないため地面に置いたときにフニャフニャと倒れてしまいます。
「それがなにか?」と言われると「いや、別に…」という話なのですが。

重い荷物を背負うときにパックにいれるフレームが別売りされているので、これを使えばフニャフニャしなそうです。
「そんな必要あるの?」と言われると「いや、まあ…」という話なのですが。

DSC03614

昼食を済ませ笊森山へ向かっていると青空が見えてきました。
DSC03624
DSC03631
DSC03636
笊森山直下。とにかく、なだらかです。

DSC03652
DSC03668
途中おやつ休憩。木村屋のあんぱんにSTARBUCKS VIAのアイスコーヒーを頂きます。

本日、最後の山。乳頭山までやってきました。歩き易いトレイルなのでそれほど疲労感もありません。
DSC03682

nyuutousan 360 from Shinobu Koike on Vimeo.

こちらの動画は乳頭山頂上からの眺め。
動画の最初と最後、正面に見えているのが秋田駒ヶ岳。左に伸びているのが歩いてきた尾根です。


太陽に照らされた田沢湖を眺めながら、乳頭温泉郷へと下山開始。
DSC03703
DSC03715
DSC03720
DSC03724
到着〜。孫六温泉は登山口のすぐ脇にある宿。温泉についてはコチラで詳しく紹介されていたので参考にさせて頂きました。
DSC03739
河原のほとりにある露天風呂で寛げば、いろんな疲れもふっ飛びます。

翌日そのまま帰宅するのはもったいないので、盛岡で下車。極上の前沢牛をお手頃価格で頂ける肉の米内さんへ行ってきました。
(連休に途中下車の旅を楽しめるお得な切符、スリーデーパスを利用しています)
DSC03765
今回は初の東北山行でしたが大満足。
高緯度なので森林限界が低く、素敵な景観のなか歩くことができました。

孫六温泉のあたりは日本スノーシューイング連盟推奨コースにもなっているので、冬にまた来てみたいなぁ。

おしまい


3 件のコメント:

  1. 紅葉、綺麗ですね〜!
    その紅葉を見事に写し取れている写真も素晴らしいです。
    カメラフックの使い心地、どうでした?気になっております〜。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!
      東北まで行って雨だったらどうしよう… とヒヤヒヤひてましたよw
      カメラフックはバックパック着脱の際に少々手間が増えますが、たいして気になりません。それよりも肩に感じていたストレスが減ったことや、胸元に移動したことによりサッと写真が撮れるといったメリットのほうが大きいです〜。

      削除